水を下から入れるウォーターサーバー

WS000000

12㎏を持ち上げるのは大変な人も


ウォーターサーバーのボトルのサイズは、12キログラムが多いです。

そしてだいたい、ボトルをセットする位置は、サーバーの一番上の部分が多いです。

成人男性なら、コツさえつかんでしまえば、ボトル交換は、それほど大変ではありません。
私も、最初に使ったウォーターサーバーが12リットルボトルをサーバー上部にセットするタイプでしたが、初めは、胸の高さまで持ち上げてセットするのが、少し怖いような気がしました。

力に自信のない女性や、身長の低い人だと、ボトル交換は、慣れても負担に感じるかもしれません。

そんな需要に応えてか、ボトルをサーバーの下部にセットするタイプのウォーターサーバーも出てきました。

最初にこのタイプのサーバーを開発したのが、コスモウォーターです。やはり、女性のアイディアから生まれたとのこと。

「Smartプラス」サーバーは、5種類の色があり、珍しい、木目調のカラーもあります。

WS000000

コスモウォーターの特徴まとめ

また、プレミアムウォーターの「cadoサーバー」も、下に入れるタイプです。

WS000003

このサーバーはインテリアとしても優れていますし、「弱冷モード」があるなど、高機能なサーバーです。
ただし、サーバーレンタル料がかかります。

プレミアムウォーターの「マムクラブ」は、このサーバー専用となっていますが、こちらで契約すると、サーバーレンタル料が割安になります。
妊娠中の方と5歳以下のお子さんがいる方限定ですが、破格の価格で天然水を使用することができます。

プレミアムウォーターの特徴まとめ

フレシャスのSlat(スラット)サーバーも、サーバーの下部に収納するタイプです。

WS000001

このサーバーも高機能で、常温水でつかうこともできる珍しいサーバーです。

フレシャスの特徴まとめ

 

これらのサーバーを使う場合、サーバーの下部に重い水を配置するということに安心感を感じる人もいるでしょうね。

他にボトル交換を楽にするには、容量の小さいボトルを選ぶという方法もあります。
ボトルが軽いウォーターサーバー