お茶をいれるのに最適なウォーターサーバーは?

4eb1ccc8d586da175593242649dce8a1_s

お茶をいれるのに最適なウォーターサーバーはどのウォーターサーバーでしょうか。

お茶と一言で言っても、たくさんの種類があります。
そして、ものによって、いれるのに最適な温度が違うというのが、お茶の奥深いところです。

水自体は、RO水にしろ天然水にしろ、塩素などが含まれていないきれいな水で、お茶をいれるのに申し分ないでしょう。
ですが、お茶をいれる温度となると、なかなか難しいところもありそうです。

最高級の玉露は、50℃くらいのお湯?で、ゆっくりといれるのがいいそうです。
しかし、50℃のお湯を出すウォーターサーバーは、たぶんありません。

また、ほうじ茶や紅茶は、沸騰した100℃の熱湯で、時間をかけずにいれる方が、香りが引き立つといいます。
煎茶は高級品で70℃くらいから、一般的なものでは90℃くらいでいれるのが良いなどといいます。

まあ、そんなに厳密に温度管理をしてお茶をいれている人もあまりいないかもしれませんが、それでも、ある程度お湯の温度が調整できた方がいいのは確かでしょう。
ですが、温度を調整できるウォーターサーバーは、現状、ほとんどありません。

80℃~90℃など、機種によって違いますが、ある程度幅をもって設定された温度に保たれているだけです。
設定温度の下限になったら加熱し、上限になったら保温するということを繰り返しています。 普通の電気ポットと同じですね。
ボタンを押せば温水も冷水も出てくるのが便利なウォーターサーバーですが、このへんが、今後の課題なのかもしれません。

ですが、その中でも、わりとおすすめできるウォーターサーバーがあります。

まずひとつ目は、「ふじざくら命水」です。

このサーバーは、温水・冷水の温度が2段階に設定できることが特徴です。
温水は、80℃~88℃の「温水モード」と、90℃~93℃の「高温モード」があります。

ですので、飲んでいるお茶が紅茶やほうじ茶、玄米茶などの場合は高温モードで、それ以外の場合は温水モードで、といった形で使い分けることが可能です。

もう一つは、「省エネモード」と「再加熱機能」があるサーバーを使った場合です。

省エネモード中は、温水の設定温度が70℃~75℃くらいになります。
そして、高い温度のお湯を使いたい場合に、再加熱すれば、90℃程度まで短時間で温度を上げることができます。

このタイプのサーバーには、フレシャスの「Slat(スラット)」や、アクアクララの「アクアアドバンス」があります。
WS000001
フレシャスのSlat