ウォーターサーバー22本無料になる場合

41b284c33d4cd028f7b23075fff73c31_s

赤ちゃんのいる家庭に対して、特別な割引コースを設定しているウォーターサーバー(宅配水)の会社があります。

ウォーターサーバーを導入するきっかけとして、子供ができたからという理由を挙げる人が、どんどん増えていることへの対応だと思います。
言うまでもなく、震災時の原発事故がきっかけでしょうね。

そのサービスとして代表的なのが、アクアクララです。 アクアクララのベビアクアというサービスは、妊娠中~2歳までの子供がいる家庭が対象で、期間中毎年、ただでもらえるボトルチケットが5枚もらえます。

つまり、妊娠中から子供が3歳になるまで続けた場合、5本×4年で、20本も無料でもらえてしまいます。

更に、アクアクララは通常の契約をした場合でも、初回に1本分の料金でボトルを3本買えますが、ベビアクアプランで入った場合でも、適用除外になりません。
それを合わせると、合計22本も無料でもらえることになります。

12リットルボトルは1,200円(税抜)ですので、合計で26,400円分も安くなります。

もう一つ、クリクラも、クリクラママというサービスを開始しました。

こちらは、無料お試しという形で、3本無料で試せるというサービスです。

対象は妊婦さんか1歳未満(0歳)の子供がいる家庭が対象です。

クリクラはもともと、開始時1本無料お試しから始められるようになっていて、1本飲んで気に入らなければ、解約手数料などは一切なしで解約できるようになっています。 それが、3本に拡大した感じですね。

契約後、さらに6本が無料でもらえます。

アクアクララもクリクラも、ウォーターサーバー業界を代表する会社ですから、そういう意味で安心感があります。


↑ベビアクアプラン


↑クリクラママ