カップラーメンを作るのに最適なウォーターサーバー

WS000000

ウォーターサーバーって、コーヒーやお茶を飲むのには最適な温度のお湯が出るのですが、カップラーメンを作るのには、少しぬるいと感じることもあります。

まあ、麺が固いままだったりするようなことはないんですが、やっぱりラーメンは、出来たてはアツアツの方がいいと思う人が多いですよね?

ウォーターサーバーの温水は、サーバーによって温度は違いますが、「80℃〜90℃」などの、幅をもった範囲に設定されています。

そして、温度が設定の下限にくると、上限温度になるまで加熱するということを繰り返していますが、この下限の温度が、電気ポットなどに比べると若干低いこともあるわけです。

ですが、この設定を変えられるサーバーっていうのが、意外にないんですよね。

その中で、「ふじざくら命水」は、温水・冷水ともに二段階に温度設定できるというサーバーです。

温水は90℃~93℃の「高温モード」と、80℃~89℃の「温水モード」に分かれています。

下限90℃の「高温モード」であれば、電気ポットと同じなので、いつでもアツアツのラーメンが食べられますね。

もうひとつ、おすすめなのが、「再加熱機能」があるサーバーです。

フレシャスの「Slat(スラット)サーバー」は、「リヒート機能(再加熱機能)」というものがあり、それを使うと、そのときの温度が何度であっても、強制的に90℃まで加熱されます。

常温から加熱するのと違い、もともと80℃などのお湯を加熱するだけなので、あっという間に90℃になります。

フレシャスの特徴まとめ

WS000004
見た目もオシャレなSlatサーバー

アクアクララの「アクアアドバンス」も同様な機能があり、こちらも90℃まで再加熱できます。

アクアクララの特徴まとめ