一番費用が安いウォーターサーバー(宅配水)はどこ?

ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s

ウォーターサーバー(宅配水)を初めて検討しはじめるときに、「一番安いところはどこなの?ということは気になるところですよね。

ですが、水の種類にもいろいろあり、天然水とRO水では、そもそもモノが違いますし、製品にするためのコストも違うので、一律に比べてもあまり意味がありません。

「この水にしては安い」「このサーバーにしては安い」などの割安感はありますが、それぞれ人によって価値観が違うので、なかなか難しいですね。

そういったことを分かったうえで、でもとにかくコストを抑えて、水とお湯がボタン一つで出るウォーターサーバーや、自宅まで水を定期的に届けてくれる宅配水のメリットを享受できればいいという人もいると思いますので、とにかくコストが安いところから、いくつか紹介します。

水は、必然的にRO水になります。

フレール「千里の命水」

水の1リットル単価 87円
サーバーレンタル料 500円/月

水は、天然水をROろ過し、ミネラル分などを添加していない、純水に近いピュアウォーターです。

6.2リットルの軽量サイズのビニールパックを採用していて、扱いやすく、ごみが少ないのがメリットです。

アルピナウォーター

水の1リットル単価 87.5円
サーバーレンタル料 572円/月

水は、フレール千里の命水と同じ、天然水をROろ過し、ミネラル分などを添加していない、純水に近いピュアウォーターです。

ボトルは12リットルのリターナブルボトルです。
空きボトルの返却が必要になりますが、好きな時に水を注文し、留守でも指定の場所に置いて行ってもらえるなどのメリットがあります。
リターナブルボトルに対応していない地域は宅配便のワンウェイボトルになりますが、そちらは割高になってしまいます。