ウォーターサーバー(宅配水)でかかる費用一覧

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

ウォーターサーバーを使った宅配水を使用するときに、継続的にかかる費用(ランニングコスト)の内訳には、主に以下のようなものがあります。

水の代金

当然、必ずかかります。
水の代金のみしかかからない会社もよくありますが、当然、サーバーレンタル料や送料などをすべてここに乗せて会計的に分かりやすくしているに過ぎません。

ですから、市販のペットボトルと宅配水の水の価格を比べるのは、あまり意味がありません。

サーバーレンタル代

これがかからないところも多いですが、サーバーレンタル代がかかるからといって、合計のコストが高い傾向があるわけではありません。

むしろ、水が安いところが多いので、ある程度の消費量がある場合は、合計のコストも安くなるところが多いです。

サーバーレンタル代自体は、500円~1,000円程度が一般的です。

送料

普通は、送料はかかりません。

ただし、採水地に対して遠方の地域は、会社によって送料がかかる場合がありますので、注意が必要です。

電気代

これが隠れたコストとか、盲点と思う人もいるかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーを使わなかった場合にかかる、冷蔵庫や電気ポットの電気代、沸かすためのガス代などを考えると、どちらがコストがかかるのかは微妙なところです。

各社のホームページを見ると、省エネ機能のないサーバーで、電気代は、月に1,000円程度で電気ポットと同じくらいと書いてあるところが多いです。
今は省エネタイプのサーバーの開発に力を入れている会社が多く、電気代も安くなってきているようです。

その他、ほとんどの会社で無料ですが、定期メンテナンスのときに数千円の費用がかかる会社もあります。

また、ほとんどの会社は、契約後一定期間以内に解約する場合に、サーバー引き上げなどのための手数料を取っています。

けっきょく全部でいくらかかるの?


会社によってシステムがまちまちなので、どこが自分の家にとって安いのか判断するには、結局、月にどのくらい使うのか予想したうえで、それぞれの会社ごとに計算して比べるしかありません。

ただ、おおざっぱに判断するのなら、1人暮らしなど、水の使用量が少ない場合以外は、水の価格だけで比べても、そうとんでもない誤差があるわけではないでしょう。

サーバーレンタル料がある会社はおおむね水が安く、レンタル料自体も通常高くて1000円程度ですので、水が安いところはおおむね総費用も安い傾向があります