ワンウェイボトルのウォーターサーバーのメリット・デメリット

WS000002

ワンウェイボトルのメリット


返却の必要がない

ワンウェイボトルという名前のとおり、届くだけで返却の必要がないことが最大のメリットです。

宅配便で配達されるので、そのときに自宅にいれば受け取り、いなければ不在票が投函されて再配達(あるいは宅配ボックスなどでの対応)ということなので、配達日を忘れないように気にしておく必要がありません。

ボトルが溜まってしまう心配がない

また、リターナブルボトルの場合は空きボトルの返却を忘れると、ボトルが溜まっていってしまい置き場所に困る可能性がありますが、ワンウェイボトルであればそういうことはありません。

収納スペースが少ない場合で自分が忘れっぽいと思う人は、ワンウェイボトルにしておいた方が無難かもしれませんね。

ワンウェイボトルのデメリット


ゴミが出る

ダンボールなどの梱包材や、使用後のボトルそのものがゴミになります。

普通にペットボトルの水を買ってくる場合と同じですが、リターナブルボトルの場合はゴミが出ないので、比べればデメリットと言っていいでしょう。

不在時は受け取れない

宅配便を利用しているので、不在時には基本的に再配達ということになります。

リターナブルボトルのように、玄関先に置いておいてもらうということはできません。

逆に、「水は直接受け取りたい」という人には向いていますね。

エコではない?

きちんと分別してゴミを出せばあまり気にすることもないとは思いますが、洗って再利用するリターナブルボトルと比べれば、エコではないかもしれません。

ワンウェイボトルに向いている人


・オートロックマンションに住んでいる人

・家に収納スペースがあまりない人

・水は直接受け取りたい人

・ルーズな人

ワンウェイボトルに向いていない人


・留守がちで、水を置いて行ってもらった方がいい人

ワンウェイボトルにも種類があります


ワンウェイボトルと一口に言っても、いくつかタイプがあります。

ひとつは、やわらかい材質でできていて、水の使用にともなって潰れていくもの

このタイプは、サーバーやボトル内に外気を取り込まないので、衛生面で優れているというメリットもあります。 (ただし、通常サーバーメンテナンスはありません)

柔らかいペットボトルを使っている場合もありますし、ビニール系のパックを使っている場合もあります。
ビニール系のパックの場合は、ゴミになったときにかさばらないという、更なるメリットがあります。

WS000002

ペットボトルの場合は、柔らかいといっても、そんなにペラペラではないので、12リットルのボトルにもなると、やはりけっこうかさばります。

ワンウェイでも、エアーレスタイプではない、普通のペットボトルを使っているところもあります。
この場合は、捨てるときに、潰すのに手間がかかりますし、さらにかさばるでしょう。

ワンウェイボトルの会社・ボトルの種類別一覧