リターナブルボトルのメリットとデメリット

WS000000

リターナブルボトルのメリット


地球に優しい

回収して洗浄し、また使うリターナブルボトル。

このボトルを使っている会社のホームページにメリットとしてよく書いてあるのは、「エコ」という言葉ですね。

やはり、使い捨てのウォーターサーバー用ボトルと比較すると、資源の節約になっているでしょうね。
ましてや、市販のペットボトルと比較したら、その差は大きいですね。

なかなか自分の生活よりもエコを優先することは難しいですが、環境に対する意識の高い人には、このスタイルの方が好ましいのかもしれません。

ゴミが出ない

WS000003

エコの観点以外でも、ゴミが出ないというのはメリットです。

宅配便のワンウェイボトルやペットボトルの水を買ってくる場合は、ダンボールなどの梱包材や、ボトルそのものがゴミになりますが、リターナブルボトルの場合は、ゴミが出ません。

再配達不要

その他のメリットとしては、これは二次的な要素ですが、このボトルを使用する場合、回収が必要なので、宅配便を利用せずに、自社で配達している会社が多いです。

宅配便の場合は、不在の場合は不在票を入れて再配達ということになりますが、自社配達の場合は、玄関先など、指定の場所に置いておいてもらうことができます。

そういうのは嫌だという人もいるでしょうが、留守がちで、再配達をしてもらうのが面倒だといった場合など、そのほうがいいという人もいますよね。

リターナブルボトルのデメリット


ボトルの返却が必要

ボトルを返却しなければいけないという煩わしさはデメリットでしょう。

もっとも、手渡しで返却しなければいけないわけではなく、配達してもらうときに指定の場所に置いておいてもらう場合は、その場所にあらかじめ出しておけば大丈夫です。
ただ、このときに、出しておくのを忘れると、空きボトルだけ溜まっていってしまうという状況が起こります。

ちなみに、ルーズな我が家では、時々この状況が起きます(笑)

ボトルの保管場所が必要

よくワンウェイボトルの会社は、リターナブルボトルは空きボトルの保管場所が必要だから不便だと主張しています。

でもリターナブルボトルを利用した経験から言うと、必ずしもそれは正しくありません。

ワンウェイボトルの宅配水や、ペットボトルを買ってきて飲む場合でも、在庫の保管場所は必要です。
その場所は購入のたびに毎回違う場所にはならず、自然に家の中の決まった場所になるでしょう。
その場所は水を置くために、常に空けておいているはずです。

リターナブルボトルは飲み終わった空きボトルを保管しておかなければいけませんが、当然、使用前のボトルを置いておいた場所に置くことになります。

ですので、水の保管用として決めたスペースに、常に置いてあるか、置いたりなくなったりしているかの違いだけで、リターナブルボトルだから余計にスペースが必要になるということは、基本的にはありません。

ただし、先に説明したように、新しいボトルが配達されたときに返却できないと、空ボトルが溜まっていってしまい、保存場所に困ることになります。

「不在置き」をできないと厳しい

「直接受け取れないと気持ち悪い」などの理由で不在置きが嫌だったり、オートロックマンションなどで不在置きが難しい場合は、そもそもリターナブルボトルの宅配水に向かないと思います。

自社配達の場合は、当然宅配便に比べたら広範囲を一人の配達員がカバーしているわけで、あまり融通が利きません。
地域ごとに配達できる曜日が決まっているところが多いし、再配達も対応に限度があるでしょう。

契約してしまって、結局配達がネックになって解約などというリスクを避けるためにも、初めからワンウェイボトルを選んだ方が無難かもしれませんね。

リターナブルボトルに向いている人


・エコの意識が高い人

・ボトルの置き場所には全く困らない場合

・不在がちで、再配達よりも置いていってもらった方がいい人

リターナブルボトルに向いていない人


・オートロックマンションに住んでいる人

・水を直接受け取れないと嫌な人

・ルーズな人

まとめ


ワンウェイボトルのウォーターサーバーの会社のホームページには、「返却という手間があるからリターナブルボトルの方が面倒くさい」というような説明がよくありますが、一概にそんなことは言えません。

例えばオートロックでないマンションの11階に住んでいて、不在がちなので玄関前に置いていってもらえばいい、あまり使っていない納戸があるので仮に空きボトルが溜まっても問題ないというような場合、ゴミが出ないことを考慮すると、リターナブルボトルの方がずっと楽ということは普通にあります。

要は、自分の家庭の状況と好みに応じて選べばいいということですね。

リターナブルボトルのウォーターサーバー一覧