天然水を原水にしたRO水(超軟水)のウォーターサーバー一覧

wtr0017-003

ウォーターサーバー(宅配水)で飲むことができる水は、天然水とRO水に大きく分けることができます。

天然水は、富士や日田など、いろいろと違う水源のものを選ぶことができますが、RO水の場合も、実は、水源がいろいろと違います。

全国にプラントがあるような大手の会社は、主に水道水を原水に利用しているようですが、天然水を原水にしてRO水を作っている会社もあります。

ただ、RO水の場合は、RO膜という超微細な孔をもつフィルターを通して、水の分子より大きい物質をろ過してしまっているので、原水が天然水でも水道水でも、ろ過したあとの水は、ほとんど同じ、純水に近いものになります。

ただ、そうは言っても、水道水にマイナスイメージのある人にとっては、天然水を原水にしている方が、なんとなくイメージはいいですよね。
水道水に含まれている残留塩素などというものは、ろ過する前からもともと入っていないのですから。

RO水の場合、アクアクララクリクラのように、ろ過したあとでミネラル分の添加をすることもありますが、天然水を原水にしたRO水の場合は、ミネラル添加をせず、そのままで製品にしています。

理由は、その方がコストが安くなるということもあるかもしれませんが、せっかく天然水を原水にしているのに、ROろ過して更にミネラル添加をしたら、加工しているイメージが強くなって、せっかくの原水の天然のイメージから遠くなってしまうからかもしれませんね。

したがって、これらの製品はすべて硬度が0に近い超軟水になっています。

味に敏感な人は、ミネラル分を適度に含んだ水の方がおいしいという意見もあります。
水をそのまま飲むことが多く、味にこだわりのある人は、これらの商品は向かないかもしれません。

コーヒーやお茶などで飲むことが多い場合は、全く問題ないでしょう。
また、赤ちゃんの粉ミルクを作るのには最適です。
粉ミルク会社などから市販されている、粉ミルク専用の水などは、このタイプの全くミネラルが含まれていない水が多いです。

一般に天然水はRO水に比べて価格が1.5倍くらい高いのですが、これらの、原水が天然水のRO水は、そうでないRO水よりも価格が安く、宅配水では最安の価格帯になっています。

ミネラル添加しないことでコストが下がっているとしても、天然水の製品との価格差がありすぎます。
ですので、天然水由来と言っても、天然水のままの製品のように、地下数百メートルから汲み上げたとか、汲み上げてそのまま飲むためにコストがかかっているようなものではないのかもしれません。

ハワイの地下から汲み上げた水を原水にしているというハワイアンウォーターのように、天然水の製品に近い価格のものもあります。 さすがにこの商品の場合は、原水を確保するためにコストがかかっているのでしょう。

天然水を原水にしたRO水のウォーターサーバー一覧


ハワイアンウォーター

水源 ハワイの地下水 
1リットルあたり単価 約150円(+税)

アルピナウォーター

水源 北アルプス(長野県大町市)の湧水 
1リットルあたり単価 12リットルボトル(リターナルボトル) 87.5円(+税) 8リットルボトル(ワンウェイボトル) 97.5円(+税)

リターナルボトルとしては、宅配水業界で最安レベルです。
ワンウェイボトルの場合は、ほとんどの地域で送料も発生し、安くはありません。

フレール千里の命水

水源 HPによると「大阪・千里丘陵の山と安威川水系の天然水」となっています。 
1リットルあたり単価 87円 (+税)

サーバーレンタル料も安く、総コストで最安かもしれません。
ボトルではなく、ビニールパックを使用しています。

カープ応援水「天上山」

水源 「広島県の天上山を水源とする、太田川の源流である石ケ谷峡の伏流水」となっています。
1リットルあたり単価 100円(+税)

水の単価は安い方ではありませんが、広島市と周辺近郊のリターナブルボトル対応地域であれば、サーバーレンタル料がかからないため、総コストでは安いです。