ウォーターサーバー(宅配水)の水の種類にはどのようなものがあるか

wtr0017-003

天然水とRO水

ウォーターサーバー(宅配水サービス)で購入することのできる水は、「天然水」と「RO水」に大きく分けることができます。
各会社によって違いますが、おおむね、天然水はRO水の1.5倍くらいの価格になります

天然水の特徴

天然水は、よくペットボトルで売っているような天然の水で、ほとんどが地下水になります。
採水地は富士山麓など、いわゆる名水で有名な場所が多いです。
自然のフィルターを通ってきたきれいな水で、岩石などに含まれる天然のミネラル分が溶け込んでいます。

天然水のウォーターサーバーの会社のHPには、どこも「ナチュラルミネラルウォーター」であることを強調して書いてありますね。
「ナチュラルミネラルウォーター」の定義は、農林水産省のガイドラインでは、
・原水は特定の水源から採水された地下水
・沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の化学的処理をくわえていない
・地下を移動中または滞留中に地層中の無機塩類が溶解したもの
となっています。
「地下水」でなくてはいけないんですね。

「地層中の無機塩類が溶解したもの」となっていますが、日本の天然水は、溶け込んでいるミネラルの量は多くはありません。
水に含まれるミネラルの量を表す「硬度」は低く、いわゆる「軟水」と呼ばれる水です。

ちなみに、水道水にもミネラル分は普通に含まれています。
どこの地域の水道水も軟水ですが、ウォーターサーバーの会社で扱っているミネラルウォーターよりも、発表されている硬度はむしろ高いところが多いです。

ヨーロッパの水などは、おなじナチュラルミネラルウォーターとして販売されているものでも、日本のものよりもミネラルがずっと多い「硬水」が多いです。
「硬水」は、赤ちゃんのミルクやペットに与えるのには向かないと言われています。
よく、「赤ちゃんにミネラルウォーターを与えてはいけない」などと言われますが、それは誤解で、「ミネラルウォーター」ではなく「硬水」がいけないのです。
「ミネラルウォーター」という言葉には、ミネラルがどれだけ含まれているかという、硬度の概念は全く含まれていません。

日本のウォーターサーバー(宅配水)の会社で、硬水や海外の天然水をそのまま扱っているところは見たことがありません。 どの会社の水を飲んでも、そういう意味では安心です。

天然水は、当然ですが、採水地によって含まれるミネラル成分が異なります。
すべて軟水ですが、硬度も少しずつ異なります。

宅配水で一番取扱いの多い富士の天然水は、血糖値を下げる効果があるという研究結果が報告されている微量元素の「バナジウム」が含まれていることで有名です。

天然水のウォーターサーバー 水源一覧

RO水の特徴

RO水は、「RO膜」という超微細な孔をもつ膜でろ過した水です。
原理的には水分子より大きい物質をすべてろ過できるので、 混じりもののほとんどない、いわゆる「純水」という状態に近い水ができます。

超高精度の浄水器を通したようなものですが、水に本来含まれているミネラル分もほとんどろ過されてしまいます。

ミネラル分が適度に含まれている水の方がおいしいとも言われていますので、味を調えるために、RO膜でろ過した水に、再度ミネラル分を少量配合して製品にしている会社が多いです。
その場合も、もちろん軟水になります。

ミネラル添加をせず、ろ過したままの水を製品にしている会社もあります。
ミネラル添加をしていないからと言って、製品として劣るというわけでもありません。
例えば、粉ミルク会社がペットボトルで販売している、粉ミルク専用の水などは、このタイプの水が多いです。
この場合は、ミネラルはほとんど抜けていますので、硬度は1~3などの超軟水になります。

RO膜でろ過する前の原水は、水道水を使っているところが多いですが、中には、天然水を使っているところもあります。
イメージは違いますが、RO膜でろ過してしまえば、出来上がる水は原則同じものです。  

天然水とRO水、どちらのウォーターサーバーが良いのか