水道直結型と宅配水ウォーターサーバーのメリットデメリット 利便性の違い

WS000000
ウォータースタンドの水道直結型サーバー

最近、「次世代型のウォーターサーバー」などと銘打ち、今までのような、ボトルに入れた水を宅配してもらうウォーターサーバーではなく、水道に直接繋げて使う水道直結型のウォーターサーバーが登場し、徐々に使用する人も増えてきています。

水道直結型と宅配水型(従来型)の違いやメリット・デメリットについて考えたいと思います。

水道直結型と宅配水型、水の違いは?

水の違いでは、宅配水に軍配を上げました。
今回は、利便性・使用感の違いについて考えたいと思います。

水道直結型と宅配水ウォーターサーバー、利便性の違いは?

水道直結型と従来の宅配水型で、ボタンを押せば冷水も温水も出てくるという根本の部分は同じですが、大きく違う部分もあり、それは以下のようなところです。

水道直結型のメリットになるもの


・ボトルの交換がない

水道直結型は、サーバーの中にタンクはありますが、ボトルはありませんので、それにともなう、ボトルのセットという作業がありません。
また、使い終わったボトルを捨てる手間もありません。

・宅配がない

当然、ボトルの宅配がないので、それにともなう、
・注文する手間
・受け取る手間
・ボトルを返却する手間(リターナブルボトルの場合)
・梱包材をはがしたり捨てる手間(ワンウェイボトルの場合)
がありません。
また、使用前および使用後(リターナブルボトルの場合)のボトルを保管しておく必要がなく、その分のスペースが必要ありません。

・一般的に水道直結型の方が小型である

ボトルがないため、水道直結型の方が小型で、食洗機のようにシンク周りに設置する小型のものがほとんどです。
そのため、サーバーを置くスペースそのものが小さくなります。
ボトルを上部に設置したサーバーが地震などで倒れる不安というものもありません。

水道直結型のデメリットになるもの


・キッチン以外に置きづらい

水道直結のため、設置する場所は、ほぼキッチンに限られます。
デザインに優れたオシャレなサーバーを、インテリアも兼ねてリビングに設置するような使い方は難しいです。
そのためか、現状、宅配水型に比べて、おしゃれな外観のサーバーは少ないように思います。

宅配水型の場合は、小型のサーバーを寝室などに置くこともできます。

・シンク周りが狭いと設置しづらい

浄水器のように、シンク周りに置くことを想定した小型のものがほとんどなので、シンク周りにスペースがないと設置しづらくなります。
また、水道の形状によって設置できないケースもあります。

・賃貸住宅だと設置しづらい

賃貸住宅でも設置できますし、原状回復にも対応していますが、万が一業者が倒産したらと考えると、不安ですよね。

・災害時の備蓄水にならない

宅配水の場合は、使用前のボトルがそのまま備蓄水になり、余裕をもって注文することで、常に新鮮な備蓄水を確保できることになります。

水道が止まったときなどは、ちょうどいいサイズの非常用の水になり、サーバーに通さなくても使用することができます。
水道直結型は、この機能はありません。

まとめ


以上をまとめると、日常で使用する利便性ということで言えば、水道直結型の圧勝ということが言えます。

宅配水型でも、ペットボトルを箱で買ってきて、飲むたびに冷蔵庫から出してコップに注ぐことに比べれば便利ですが、水道水直結型は、宅配水型のウォーターサーバーを使う上での日常的な作業が、ほとんど必要なくなります。

水質に関しては、浄水器の水で十分だと考えている人にとっては、こちらの方がいいのではないでしょうか。

サーバーをインテリアとしても考えている場合や、備蓄水としての宅配水を重要視している場合は、従来型の宅配水をおすすめします。

水道直結型と宅配水型、費用の違いは?