水道直結型と宅配水ウォーターサーバーのメリットデメリット 水の違いは?

WS000000
ウォータースタンドの「ナノラピア マリン」

最近、水を宅配してくれるスタイルではなく、キッチンの水道などに直接つなげて使うウォーターサーバーが登場し、人気が高まってきています。

選択肢として水道直結型を検討している方へ参考にしていただくために、従来の宅配水タイプと比べた場合の違いと、メリット・デメリットをまとめてみようと思います。

まずは、「水質」の部分を比べてみたいと思います。

水道直結型と宅配水型のウォーターサーバー、水の違いは?

水道直結型・・・RO水もしくは浄水器を通した水
宅配水・・・・・天然水もしくはRO水

水道直結型の場合は、原水は当然水道水です。

基本的に、日本の水道水はそのままでも飲めるという前提になっているので、そのままでも問題はありませんが、水道水をそのまま冷やしたり温めたりしただけで出てくるという製品は見当たりません。
少なくとも、浄水器と一体型になっていて、水をきれいにしてから温水と冷水に分けて出てくるようになっています。

浄水のレベルは、RO膜に通してほとんど不純物のない純水(RO水)にしているものと、そこまではせず、普通の浄水器と同じレベルにろ過したものに分かれます。
1台でその両方を選べるタイプの商品も見られます。

普通の浄水器と同じレベルにろ過した水を、ミネラル水と銘打っている商品も見られますが、これは、ミネラル分を添加しているとかそういうことではなく、水道水に普通に含まれているミネラル分まではろ過していませんよという意味ですね。

ミネラル分まではろ過しませんが、水道水に含まれている成分として特有の、赤さびとか、塩素やトリハロメタンなどは、除去できるということになっています。

宅配水は、大きく分けて天然水とRO水があります。

天然水は、富士山麓などの採水地の地下数百メートルなどから汲み上げた水ですので、これは水道直結型とは成り立ちが全く違います。
天然水が飲みたい!という人は、水道直結型はそもそも検討しないかもしれませんね。

宅配水のRO水は、大きく分けて、ろ過した後にミネラル分を添加したものと、添加していないものに分かれます。

ミネラル分を添加した製品の場合は、原水はほとんどが水道水です。
ミネラル添加したあとの硬度は、30度程度の軟水で、天然水や水道水と、あまり違いはありません。

ミネラル分を添加していない、純水(ピュアウォーターなどとも言います)を商品にしているところもいくつかありますが、それらの商品は、すべて、原水が天然水になっています。

宅配水で、水道水を原水にし、ROろ過しただけで製品にしているところは見当たりません。

こうしてみると、水道直結型と宅配水では、その水の成り立ちにおいて、同じものはないということになりますね。

以上のことから、水道直結型と宅配水を比べて、「水」という観点から考えると、以下のようなことが言えると思います。

まとめ


・天然水を飲みたいのなら、宅配水しかない。

・RO水でいいのなら、両方の選択肢がある。
 ただし、
 ミネラルを添加したRO水は、宅配水のみ。
 天然水を原水としたRO水は、宅配水のみ。
・水道直結型でミネラル分を残そうとすれば、普通の浄水器レベルの水になる。

こうしてみると、こと「水」に関しては、宅配水に軍配が上がりそうです。

水の内容や味にこだわりのある人は、従来の宅配水型を選んだ方がいいでしょう。

ですが、水の内容にこだわりがあるからウォーターサーバーを使うという人ばかりではありませんね。
冷蔵庫から水を出したりお湯を沸かしたりしなくてもボタンを押せば冷水も温水も簡単に出てくるという便利さがあるからウォーターサーバーを使うという人もたくさんいるはずです。

そういう人で、水質に関しては普通の浄水器(あるいは水道水そのままでも)十分と考えているのであれば、あとは費用と、使用感・利便性が優れている方でいいということになりますね。

そして、この二つは、水道直結型の方が優れています。

水道直結型と宅配水ウォーターサーバー、利便性の違いは?

水道直結型と宅配水ウォーターサーバー、費用の違いは?