富士山の地下水に含まれるバナジウムが血糖値を下げる?

WS000001

ウォーターサーバーに使われている天然水の採水地はいくつかありますが、その中でも、富士山の地下水は代表的なもので、一番多く使われています。

そして、富士の地下水には、大きな特徴があります。

それは、バナジウムという物質が多く含まれているということです。

バナジウムはミネラルの一種で、体内に占める割合は非常に少ない超微量元素なのですが、近年、このバナジウムが血糖値を下げる効果があるという研究発表が相次ぎ、注目されています。

富士山の地層には玄武岩の層があり、この玄武岩に、バナジウムが多く含まれているために、富士山の地下水には、バナジウムが多く含まれています。

バナジウムはインスリンに似た物質だそうです。
インスリンとは、すい臓から分泌され、血糖をコントロールします。

このインスリンがほとんど分泌されなくなるのが糖尿病です。
ですから糖尿病になると、人工的にインスリンを摂取しない限り、いつも血糖値が高い状態になります。

バナジウムはインスリンと似たような働きをするため、血糖値を下げる効果があるという研究結果が出ています。

バナジウムが、糖尿病の治療だけでなく、予防にも効果があるという研究発表もあります。

まだ研究段階ですし、天然水に含まれている程度のバナジウムがどれくらい効果があるのか分かりませんが、血糖値が高いことを気にされている方がウォーターサーバーを検討しているのであれば、富士の天然水を使っているところにしてみてもいいかもしれないですね。