調乳に最適な70度で保温できるウォーターサーバー

949f0b0eb84dce91e51d566077fd709f_s

赤ちゃんの粉ミルクの調乳のために、適切な温度は70度と言われていますね。

70度以上のお湯でないと、粉ミルクの中に含まれているかもしれない細菌(サカザキ菌など)を殺菌することができないから70度以上のお湯にしなさいと、厚生労働省が発表しています。
 
かといって、沸騰した直後の熱湯を使うと、粉ミルクの成分(ビタミンなど)が壊されてしまうなどとも言われていますよね。

それで、70度で保温できる、調乳用のポットなども販売されています。

これなんかが有名ですね。

これを、キレイな水が使えるウォーターサーバーでできればいいと思う人もいるのではないでしょうか?

実はそんなウォーターサーバーがあります。

普通、ウォーターサーバーの温水は80度から90度くらいの幅に設定されていることが多いです。
しかし、最近増えてきた高機能なサーバーの中には、「省エネモード」なる機能を備えているものがあります。
その設定温度が、70度くらいなので、まさに調乳にちょうどいいのです。

ただ、その省エネモードにもいろいろあり、就寝後など照明が落ちて暗くなると発動する、ハイテク過ぎるものも多いのですが、これだといつも適温ではないので困りますね。

常に省エネモードにしておけるサーバーとして、フレシャスの「Slat」サーバーがあります。

WS000001

このサーバーの省エネモードの設定はズバリ70度。
ホームページに、赤ちゃんのミルク作りに最適と書いてありますので、その目的も兼ねて設計しているようですね。

ボタン一つで90度のアツアツの状態にする「リヒート機能」もありますので、大人が熱いコーヒーを飲みたいと思ったときには、すぐに熱湯を出すこともできます。

フレシャスの特徴まとめ

もう一つ、アクアクララの「アクアアドバンス」サーバーも、省エネモードの設定が70度から75度なので、こちらもちょうどいいですね。

また、2歳までのお子さんがいる家庭には、年間ボトル5本ずつ無料でもらえる「ベビアクア」というサービスもありますので、さらに好都合です。

img1_3[1]

こちらも、同じように再加熱機能がありますので便利です。

アクアクララの特徴まとめ